ボリビアのソウルフード、サルテーニャとヘルシーな家庭料理がウマイ!!Porkysポルキス

2016年11月にオープンした室蘭市中島町のボリビア料理店、
Porkys(ポルキス)。
★記事の最後に来店者プレゼントのお知らせがあります!!

_DSC8382_DSC8369店主のルイス・コンチャさんは南米・ボリビアのラパス市(中心地の標高は3600m!!)出身。
北海道工業大学へ留学するため90年代に来日しました。
在学中に日本人である奥さまと出会い、卒業後は日本とボリビアとを往復しながら、
ボリビア名産の「ウユニ塩湖の塩」などの輸出業に携わってきました。
3年ほど前に奥さまの出身地である室蘭に家族で移住し、昨年、料理店を開きました。
故郷・ボリビアの文化を広めたい、というルイスさん自慢のランチセットはこちら!

_DSC8379

  ボリビアのソウルフードを味わうランチセット

Porkysのランチセットは、日替わりのメインディッシュとスナックにドリンクが付いて950円。
なかでもルイスさんが
「とにかく、まずはこの味を知って!」
というのが、ボリビアのソウル・フード、
「サルテーニャ」。_DSC8375さっくりと焼き上げた皮の中に、肉・野菜・卵・オリーブなどの具材がたっぷりのスープとともに閉じ込められています。
日本でいうと「おやき」や、餃子のような感じ。
早速いただこうとしたら、
「ちょっとまって。」
とルイスさん。
サルテーニャには独特の食べ方があるのです!

  サルテーニャの食べ方って??

「スープがたっぷり入っているので、いきなりがぶっとかぶりつくと汁が飛び出してしまいますよ!」
手がべたべたにならずにおいしく食べる方法を教えていただきました。

  1. スープが飛び出さないよう、サルテーニャを縦に持つ。
  2. 上を少し食べて穴を開ける。
  3. 皮を器のようにして、スプーンで中身やスープをすくいながら食べる。

ちょっとコツがいりますが、各テーブルに用意された食べ方の説明書きを見ながらトライすれば、初めてでもばっちり!そしてとにかく、

う・・・うまいいい。

皮の甘みと具材の旨味。溢れんばかりの肉汁!
病みつきになっちゃいますよ。
乳製品好きな方には、スイーツ感覚で食べられるエンパナダもおすすめ。
ご覧ください、このチーズたっぷり感。
さるてーにゃ-9ランチセットではサルテーニャかエンパナダのどちらか一品が選べます。
粉モノ&チーズLOVEな筆者は、セットはサルテーニャ、そして単品でエンパナダを注文しましたから 😳 _DSC8347

  ルイスさん、サルテーニャを語る。
それにしても、ルイスさんのサルテーニャへの思いは相当アツイ。

ボリビアでは一般的に、朝8時から12時まで仕事をして、12時から14時まで昼休みをとります。
ほとんどの人が家に帰って昼食を食べるのだとか。
サルテーニャは10時頃、食事と食事の合間のおやつとして食べることが多いそうです。_DSC8366

「お父さん達はひとつ食べて、二つ食べたらお腹いっぱいでお昼ご飯が入らなくなってしまうから、一個で我慢する、という感じですね。
週末には家族みんなで食べます。」

お家で作るんですよね?

「いえいえ。サルテーニャ作りには、ものすご〜く手間がかかるんですよ!
生地をこねて長時間寝かさなければならないし、具材も仕込んでから寝かします。
出来上がった生地を伸ばして、中身を入れ包む、というのも職人技ですから。」

街のあちこちに専門店があり、行きつけの店に毎日買いにゆくそうです。

「妻が大好きなサルテーニャを作ってあげたくて、ボリビアで専門店の職人さんに頭を下げて教えてもらったんです(笑)。
もちろん子どもたちも私自身もサルテーニャが大好きです。
室蘭に移住して、この味をもっともっと沢山の人に知ってもらいたいとお店を開きました。
サルテーニャを通じてボリビアの情報を発信できればと考えています。」

  ヘルシーな日替わりメインディッシュ。

_DSC8355

ピーナッツスープ

さて、この日のメインディッシュは2種類。
ピーナッツスープとキヌアのスープでした。
特製の唐辛子ソースを添えていただきます。
_DSC8357日本の細長い唐辛子とは異なり、小さなピーマンの様な形をしたものを使用しています。
「ロコト」と呼ばれるこの唐辛子は日本では手に入らないため、ボリビアから直接、粉末を取り寄せているそうです。
風味が全く違うので、代用ができないのだとか。
辛みもかなり強いというので、ほんの少しだけスープに添えて食べてみました。
確かにとっても辛い・・・でも辛さだけでなくほのかにフルーティな甘みも感じます。
さっぱり且つコクがあるピーナッツスープととてもよく合いました。
シンプルな味付けだからこそ素材が引き立つのですね。

_DSC8363

キヌアスープ

キヌアのスープは「つぶつぶ」がたっぷり。
よーく見たら発芽している・・・。
煮込むうちに自然に発芽するのだそうです。なんという生命力!

10年ほど前ブームになったキヌアですが、筆者はご飯に混ぜて炊くくらいしか食べ方を知りませんでした。
こんな風にスープに入っていたら、たくさん食べられてキヌアパワー満タンになれそう。_DSC8353

料理にも使用されているウユニ塩湖の塩は、1袋300円で店内で購入できます。
ミネラル豊富で味の濃い塩です。
ルイスさんは「おにぎりか漬け物にすると最高」と話していましたが、筆者は自宅で試してそのおいしさにびっくり!

_DSC8352

2017年4月1日〜30日
「ウユニ塩湖の塩」プレゼントキャンペーン!!

★Porkysでお食事された方にウユニ塩湖の塩(50g)を差し上げます。
お食事の際、
スマホ等でこの画面を見せるか、
「そ・ら・み」または「むしゃなび」みました!と伝えてね!

遠いボリビアの超ローカルな料理が味わえるPorkys。
異国テイストなのに、どこか初めて食べる気がしなかったのが不思議でした。
そのくらいなじみやすく、食べやすい。
そしてやっぱり、「おいしい、は万国共通 🙂 」ということだと思います。
サルテーニャが室蘭の新たなソウル・フードになる日も近いと見たっ 😎 _DSC8344

PORKYS ポルキス

室蘭市中島町2丁目31-13
TEL  090-2876-5155
OPEN 月〜金11:30〜19:00/土11:30〜15:00
CLOSED 日曜

最新情報はこちらからどうぞ↓↓

ポルキス | Facebook

chそらみ編集部

投稿者プロフィール

影の編集長と言われている。
あなたに地域の魅力的な情報をお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る