アロハな時間(1)リボンレイ 桔梗原ひろみ

ALOHAな時間を生きるハワイの人々の文化に惚れ込んでいる方や、
その関連イベントなどを数回にわたって紹介する「アロハな時間」。
第1回目!  

リボンレイは、約20年前にハワイで生まれたクラフトアート。

婚礼や祭事などに首から下げられるハワイのレイ。生花を使って作られますが長い間とっておくことはできません。
想い出のあるレイをいつまでも残しておきたいという思いから、リボンを使ったリボンレイが生まれました。

リボンレイの形は驚くほど色々で、使うリボンの色によってもずいぶん雰囲気が変ります。

作り方も、針と糸を使ったものや、リボンを組んで編んで作るものなどそれぞれで、
ストローを使った編み方もあるそう。
「どうやって作ってあるの?」と思わずじいっと見てしまいますが、
いくら眺めても簡単にわかるものではありません。

「リボンレイ作りは、早くきちんと作ることより、
その時間をゆったりと楽しむことのほうが大切なんですよ」
と桔梗原さんは言います。
「習いに行くと、作り方を教えてくれるんですが、
作り方だけ聞いて、その後はお茶を飲んだりおしゃべりをして楽しむんです。
先生がそう言うんですよ。
帰ってからそれぞれ、完成させます」

リボンレイは、作る人の癒しの時間から生まれるもの。
アロハスピリットを大切にして、気持ちを込めて作っていくことが
ハワイの人から受け継がれている大切なことだそうです。


日本リボンレイ協会 公認インストラクター
Hiluhilu 桔梗原ひろみ

北海道伊達市南黄金町66-1/TEL・FAX 0142-24-3660
info@hiluhilu-ribbonlei.com
http://hiluhilu-ribbonlei.com/
ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー
<リボンレイ講習>
●小物制作 1,000円~
●リボンレイ制作 2時間2,000円(材料費別2500円~)
●出張講習もお問い合わせください。

リボンレイ販売・オーダー制作 ●5,000円~12,000円

===上記、共にホームページからお申し込みください===

※7月26日に開催の「北海道ウクレレカンタービレ2014 in伊達」に展示出店!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


※記事の内容は取材時の情報に基づいています。(取材2014年)

 


 

mihohhoそらみ編集部

投稿者プロフィール

特集制作、イラストなどを担当している柳瀬美保です♪
取材にうかがった時はよろしくお願いいたします!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題の記事

  1. 2017-9-15

    ポークチャップ/レストラン悠

  2. 2017-9-12

    どんぶりの極(きわみ)で白老牛特上カルビ丼

  3. 2017-9-11

    温玉のせ生パスタカルボナーラ/ぶどうの木

ページ上部へ戻る