シリポーンさんの衣服展@伊達・登別

_DSC5345

伊達市内の大町ミニギャラリーでサワモト・シリポーンさんの草木染め・手織りの衣服展が開催中です。

シリポーンさんはタイ北部チェンマイ在住で、染め・織りの伝統技術を受け継ぐ職人たちと洋服やアクセサリーを作っています。

_DSC5871

シリポーンさんについてはこちら→チェンマイ在住しりぽーんさんの服

アクセサリー類も気になります。

天然石など自然の素材がカラフルに使われていて、ネックレスは2000円台からと手頃です。

今年のイチオシは淡水パールのネックレス。身につけると肌に馴染んできれいですよ。

_DSC5340

筆者のお気に入りは下写真のチャーム。

_DSC5338

手織りの布にタイ少数民族のアンティークの端切れが小さく小さくパッチワークしてあります。

鈴や貝などで飾られて、ワンポイントのコインは国境から入ってくるインドやミャンマーの硬貨なのだそう。

個性的なかたちや色づかいを眺めながら、南国に想いを馳せます。。

こちらはシリポーンさんのチェンマイのお友達の作品で、1つ800円です。

衣服展は伊達では18日まで、6月20日〜22日は登別市の358ya(サゴハチヤ)で開催されます。

シリポーンさんの笑顔に会いに、足を運んでみてくださいね。

『サワモト シリポーン 染め織りの衣服展』 

・大町ミニギャラリー(伊達市大町3番地7)
期間:6月18日(土)まで 
時間:10:00~17:00 

・358ya(登別市緑町2-8/TEL0143-88-0797)

期間:6月20日(月)〜22日(水)

時間:10:00~18:00 

 

 

chそらみ編集部

投稿者プロフィール

影の編集長と言われている。
あなたに地域の魅力的な情報をお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題の記事

  1. 2017-9-15

    ポークチャップ/レストラン悠

  2. 2017-9-12

    どんぶりの極(きわみ)で白老牛特上カルビ丼

  3. 2017-9-11

    温玉のせ生パスタカルボナーラ/ぶどうの木

ページ上部へ戻る