キャンドルで楽しむ冬ーめむはうす「WELCOME HOME」の香りに包まれて。

北海道の冬は、日暮れがとっても早いです。

3時を過ぎたら夕方の気配。4時にはもう薄暗くなって・・・。

そんな季節に、キャンドルを楽しみませんか?

揺れる灯りととっておきの香りを味わう、冬だけの贅沢な時間。

伊達市鹿島町のめむはうすさんでは、様々なフレグランスキャンドルを取り扱っています。

めむはうす-キャンドル

お店の約3分の1のスペースがキャンドルのコーナー!

中でも人気なのは、アメリカで生まれ世界中で愛されているYankee Candle(ヤンキーキャンドル)

高品質のアロマオイルをふんだんに使用していて、自然で豊かな香りが広がります。

キャンドル-3

香りの種類が多いことでも有名なヤンキーキャンドル。 めむはうすの品揃えは、なんと道内一!

アメリカやカナダでは、お茶やお菓子を楽しむように、

気分に合わせてキャンドルを使うのだそうです。

初めての方は小さめサイズでお気に入り探しから。

「私の香り」が見つかったら、大きなサイズでどうぞ。

そして一緒に楽しみたいのが、キャンドルを素敵に飾るアクセサリーです。

この冬イチオシの輸入キャンドルアクセサリーはこちら。

キャンドルアクセサリー

※画像はクリックで拡大してご覧になれます

Yankee Candle社の冬季限定商品。

自然をモチーフにしたシンプルで個性的なデザインがすてきです。

キャンドルとホルダーのセットはギフトにおすすめ。

全国でここだけという商品もあるので、お店でチェックしてみてください。

ホリデーフロントドアタルトウォーマー2

ホリデーフロントドア タルトウォーマー¥5400

ホリデーフロントドアタルトウォーマー4

リースやツリーがとってもかわいい、これぞクリスマスな一品。

フレグランスワックスを固めた「タルトワックスポプリ」を下からキャンドルの熱で暖めると、アロマが優しく部屋中に広がります。

ドア両横のライトはLEDで点灯!

キャンドルやアロマが大好きな友だちにプレゼントしたい・・。

スノーデイズスノーマン1

スノーデイズスノーマン キャンドルホルダー ¥5616

めむはうすは今年2015年11月21日に15周年を迎えました。

節目の年を記念して、オリジナルフレグランスキャンドル「WELCOME HOME」が発売されています。

様々なフレグランスキャンドルを扱う店内に漂う、「めむはうすの匂い」

たくさんのお客さんが親しみ、懐かしむその香りがキャンドルになりました。

店長の髙島さんが自ら調合、試行錯誤の末に完成させたそうです。

 

めむはうす店長高島さん2

めむはうす店長 髙島 真樹さん 

髙島さん「お店がオープンしたのは有珠山噴火の年で、私は京都で学生生活を送っていました。

洞爺湖温泉街でお土産物屋をしていた両親は、避難生活を経て、伊達の街でめむはうすを始めました。

私は数年してからこちらに戻り、店を手伝うようになったのですが、

15年もやっていると当時中学生だったお客さんが30歳になっていたり、

お仕事で本州に移られた方がいたり、いろんな変化があります。
 
帰省の際に来店されて
 
「あ、めむはうすの匂いがする。伊達に帰ってきた感じがする・・」
 
というお客さんがいらっしゃいます。
 
めむはうすの香りでありながら、
 
家に帰ってきた、伊達に、故郷に戻ってきた・・・
 
そんな気持ちになれるキャンドルにしたいな、という思いから、
 
「WELCOME HOME」が生まれました。」
 

WELCOME-HOME

取材を終えて車に乗ると、自分のコートからふわっと広がった香り。
 
これが、めむはうすの匂い・・・。
 
家に帰ってキャンドルに火を灯しました。
 
甘くて優しい。なんだか元気が出てきます。
 
どこか安心する、家を思わせるのは、
 
髙島さんのお話を聞いたからでしょうか。
 
 
この香りが懐かしい、
 
この香りが思い出の香り。
 
  
そんな風に少女時代を過ごせたら、
 
自分の子どももいつかそうなったら、すてきだな。
 
 WELCOME HOME」は部屋の空気と混じって漂い、
 
次の朝も、そっと香っていました。

街の小さな雑貨屋さん めむはうす

伊達市鹿島町2-4
TEL: 0142-21-3003 

Open 11:00~19:00

Closed 火曜

http://www.memhouse.com/

スノーデイズスノーマン2

※記事の内容は取材時の情報に基づいています。(2015年11月取材)

chそらみ編集部

投稿者プロフィール

影の編集長と言われている。
あなたに地域の魅力的な情報をお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る