西胆振の「空気感」を伝える新メディアSpeech balloonのフォトブック6/1創刊!

フォトブック

伊達に暮らす若者がこの春、地元をテーマにしたメディアを立ち上げました。
「Speech balloon(スピーチ・バルーン)」という名前です。
動画とフォトブック、2つの媒体を通じて、人や活動を紹介しています。
第一弾として、現在2つの動画が公開されています。

farm to table #1 ほうれん草の収穫 ミラコスタ×桐山農園
地元のシェフが農家を訪ねる第一回。みずみずしいほうれん草、生産者との対談、美味しそうなお料理も登場します。

farm to table #2 噴火湾産ホタテの耳づり 【4K高画質】
地元に住んでいてもなかなか見ることのできない耳づりの現場に密着!臨場感ある映像です。

それから6月1日(月)には、第一号となるフォトブックが発行されました。
人や景色、活動など、地域の魅力を伝える様々な写真で構成されています。動画と連動させながら、隔月刊で発行していく予定とのことです。

代表の吉田さん
代表の吉田さん(画像は本人提供)

「自分の住む西いぶりの、なんて言ったらいいかわからない、穏やかさというか独特の『空気感』をコンテンツを通して伝えたい」
というSpeech balloon代表の吉田貫太郎さん。取材、撮影、編集など、今のところはほぼ全て一人でこなすひとり編集部の編集長です。
吉田さんは伊達生まれの伊達育ち。関東での学生生活を経て、伊達に戻って1年ほど。戻ってきた故郷で、いろんな面白いこと、面白い人、面白いことを一緒にできる新たな仲間との出会いがあったそうです。
そんな中で、「地元の話題を地元の人が拾い上げて、地元目線で発信することで、地域の情報が発見される。そこから例えばイベントなどのリアルな行動につながったり…、何らかのいい循環が生まれるのではないか」と考えるようになりました。そして準備期間を経て、この4月より本格的に活動をスタートしました。

創刊の経緯や思いについて、吉田さん自身の言葉で詳しく書かれています。
サポート、カンパもこちらからどうぞ↓↓
北海道西いぶりのすてきな空気を伝える “Speech balloon” 創刊しました。note

吉田さんが撮影した夕暮れの伊達の街並み。画像はフェイスブックから借用→https://www.facebook.com/Speech-balloon-nishiiburi-109307064078535/

動画や写真を見ていると、畑の土の感触や、漁港の匂いまですぐ近くにあるかように感じられます。「情報そのもの」というよりも、場所や人の「空気感」を伝える、地元発の新しいメディア。今後の活動が楽しみです!

いつもの街が今までよりも、ちょっと素敵に見えてくる…そんなSpeech balloonの動画やフォトブックをぜひご覧ください。もちろん、地域の方に限らず遠くにお住まいの方もご一緒にどうぞ。

フォトブックは公共施設(観光物産館)や市内飲食店などで配布するほか、希望者には無料で送付しています。
お申し込みはこちらからどうぞ  

最新情報・お問合せはTwitter、Facebookからどうぞ。

https://www.facebook.com/Speech-balloon-nishiiburi-109307064078535/

記事の内容は取材時の情報です。取材2020年

chそらみ編集部

投稿者プロフィール

影の編集長と言われている。
あなたに地域の魅力的な情報をお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。