チェンマイ在住シリポーンさんの服展10/4金まで

伊達の大町ミニギャラリーで「サワモト・シリポーン秋の染め織りの衣服展 」が10月4日(金)まで開催中です。

シリポーンさん

シリポーンさんは、タイ北部チェンマイに工房を持ち、伝統的な染色や機織り技術を継承する職人さんたちと洋服を制作しています。
年に2回ほど、展示会のために来日するほかは、タイで制作活動に励み、工房では旅行者向けに染め体験のワークショップなども行なっているそうです。

温かみのあるブラウンや柔らかなブルーなど、優しい色合いの布地は、藍、黒檀(こくたん、カキノキ科の木)の実、マリーゴールドなどを使った草木染めです。天然の素材で糸を染め、その糸を手織りをして服地が出来上がるという、とても手間のかかった洋服なのです。

手に取ってみると、糸の繊細な配色から生み出される、奥深い色合いに見とれてしまいます。そして肌触りがとっても気持ちいい!

後ろ姿がキュートなパッチワークのパンツ。布の組み合わせが個性的!
天然石やビーズを使ったアクセサリーも素敵です。

シリポーンさんに伺うと、最近はチェンマイの若者の間でも藍染が流行しているそうです。しかし、染めや織りの職人の高齢化と後継者不足により、伝統技術の継承・保存が危ぶまれている状況なのだとか。そんなお話を伺っていると、素朴な色合いや手触りが、一層貴重なものに思えます。

今回の目玉、染織り布のハギレ。小さなものから大判まであり、値段もお得! 手作り好きの人にオススメ。

タイの伝統技術とシリポーンさんのセンスが融合した、ユニークでおしゃれな一点物の服。ナチュラルなファッションが好きな方、ハンドクラフトが好きな方、ぜひお出かけください!


サワモト・シリポーン 秋の染め織りの衣服展2019

2019年9月30日(月)~10月4日(金)  
10:00 am – 5:00 pm (最終日は3:00 pmまで) 
場所:大町ミニギャラリー 和美工房内
(伊達市大町3-7  P有り)

アジアの布しりぽーん〜微笑みの国タイの染め織り(むしゃなび内)

最新情報はインスタグラムでチェックできます→  lannabrownthailand


chそらみ編集部

投稿者プロフィール

影の編集長と言われている。
あなたに地域の魅力的な情報をお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。