商店街の新スポット! 猫カフェ ニャンコリズム室蘭店

室蘭市常盤町の大町商店街に3月末、「猫カフェ」がオープンしました!

「動物好きだけど、家の事情で飼えない・・・」
「飼っているけどたくさんの猫に囲まれてみたい!」

という方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで商店街の新スポットへ編集部の猫好き代表・chが行ってきました。
最近ちょっと疲れ気味・・という方も、猫の姿に癒されてください〜 🙂 

撮影:ニャンコリズム室蘭店

港町のロマン漂う大町商店街を歩いていくと、「猫カフェ」のぼり発見!
さっそく受付で料金を払って、カフェルームに入ります。

猫ってどこか人見知りなイメージがありませんか?
「いきなり知らない人(私)が入ってきて、猫さんたちびっくりしないだろうか・・・」
なんて思っていたのですが、いざ入ってみたら、皆さん全く動じてないですね。
マイペースにくつろいでいます。
さすが猫カフェの猫は肚が座っているなあ〜〜!

毛が長くふさふさ、キツネみたいなソマリ種。

店内ではメインクーン、ソマリなど毛並みの美しい長毛種を中心に、約17頭&子猫3匹がのんびり過ごしています。ブリティッシュショートヘア、アメリカンショートヘアなどおなじみ人気品種の姿も。みんなお店では「猫スタッフ」と呼ばれているのですって。
お部屋の中は、匂いはほとんどありません。猫たちのトイレを独自に改良して、匂いを抑える工夫をしているそうです。

猫カフェの楽しみ方その1「愛でる」

まずはコーヒー片手に、じっくり眺めたいと思います。席に着いたら何頭か近寄ってきてくれました。し、しあわせ・・・。
隣の席ではバスケットの中がぎゅうぎゅうに。猫が団子になって寝ている姿には、本当に癒されます 😳 

上の画像は店長でオーナーの阿部凪沙さんが撮影した一枚。キャットウォークに猫スタッフ勢ぞろい(全員ではありません)! 
こんな楽しい光景も見られるかも!?

一頭一頭の性格・行動を知り抜いている阿部さん。直筆の猫イラストも素敵!

猫カフェの楽しみ方その2「おやつをあげる」

少し慣れてきたので、おやつをあげてみることに。1袋100円で店内で購入できます。おやつを手にすると猫達がいっせいに集まって来ました!! わ〜〜こんなに沢山の猫に囲まれるのは初めて! ドキドキ。
「噛まれることもあるので、気をつけてくださいね。」と阿部さん。
ペットのいる方はご存知と思いますが、動物の世話をしていると噛まれたり引っ掻かれたりはよくあるんですよね。
おやつタイムもほどほどに注意しながら自己責任で行いましょう。
その他、備え付けの猫用おもちゃで遊ぶこともできますよ。

猫カフェの楽しみ方その3「親子で楽しむ」

オープン以来、幅広い年齢のお客さんが猫との時間を過ごしに訪れています。おひとり様の来店も多く、知らない人同士で猫トークに花が咲くこともあるのだとか。また、子どもの入店がOKなので親子で楽しめるのも大きな魅力です。

この日同席していた、こちらの本家にあたる「猫カフェニャンコリズム苫小牧店」オーナーの井手達也さんに伺うと、一般的には安全の為「中学生以上」など年齢制限を設けている猫カフェが多いそうです。

井手さん「私が子どもの頃は、野良猫や近所の軒先にいる犬と遊ぶことがありましたが、今はペットを飼っていなければ、普段、動物を見たりさわる機会がほとんどないですよね。そんな中で、動物とふれあう体験をしてほしいと思い、お子さんにも来ていただける猫カフェにしました。

膝の上が黒猫でいっぱい! 苫小牧店の井手さん

本州でIT企業を経営したり、なんとサックス奏者の顔も持つ多才な井手さん。お店では猫たちのお父さん的存在のようです。
思わず「何足のわらじを履いているんですか??」と聞いてしまいましたが、
地元の苫小牧で何か面白いことをしよう!」と思い立ち、数年前に苫小牧店をオープンしたそうです。
そして今年、阿部さんに「のれん分け」をして室蘭店が誕生しました。建物は大町商店街の空き店舗を利用しています。

今後は保護団体と協力してイベントを開催したり、2階にキャットホテルをオープンする予定。また多頭飼育をしている人向けにペットシッターサービスも展開する計画があるそうです。

「猫と遊んだあとは商店街で食事や買い物を楽しんで行ってください! 猫カフェが大町商店街の新しい魅力になるといいなと思います 🙂 」

お店のフェイスブックページには、猫たちの可愛らしい姿がいっぱい!! チェックしてみてくださいね。


猫カフェ ニャンコリズム室蘭店

北海道室蘭市常盤町1−10
営業時間 11:00~20:00(19:00最終受付)
定休日 火曜
問合せ https://www.facebook.com/nyankorhythm2

料金(フリードリンク・延長30分毎に300円)

30分  (平日のみ) 60分 90分 120分 
500円 1,000円 1,400円 1,700円

喫茶メニュー(200〜500円) 宮越屋珈琲、カフェオレ、紅茶 など 

※料金は掲載時のものです。変更になることがあります。
※ケガ・事故のないよう自己責任で気をつけて遊んでください。


※記事の内容は取材時の情報に基づいています。(取材2019年)

リンク、シェアなど大歓迎です! 

 

chそらみ編集部

投稿者プロフィール

影の編集長と言われている。
あなたに地域の魅力的な情報をお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。