これが究極の贅沢じゃん!

天野さんは慣れた手つきで内臓を取り出す。

今回の一番大きいイワナは32cm
まずは、これを刺身にしてみることに。

おまけの卵も一緒に醤油でつけて・・・・

イワナ刺身で食う

「げっ!何これ?うまい!」

川魚って、「臭い」と思われる方、多いでしょう?
全然そんなことないんです。

この清流、しかも上流でとれる魚は、刺身にしても、ムチャうまいんです。

しかもさっぽりした脂身が乗ってるー!!

うまっ!!

そして残りのイワナは、かるーく塩を振って炭火焼。
橋本さんがその辺でとってきてくれた柳の木を串にして
石で作った炉で焼きはじめる。

イワナ炭火焼

そして、橋本さん(正確に言うと、橋本さんの奥様(笑))に作っていただいた
天然まいたけのお弁当をいただきながら、イワナが焼けるのを待つ。

続きはこちら

ページ:
1 2 3 4

5

6

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。