「木のオートバイ」の江口さん、石蔵で「あかり展」8/15から

登別市の木工作家・江口貞廣さんの工房「木・舎(もくしゃ)」を訪ねました。
海に面した自宅の一角にある工房で、江口さんはキノコ型ランプを作っているところでした。

s__DSC3199「これで石蔵に灯りの道を作ろうと思って。酒呑みの友達から集めました 🙂 」 s__DSC3191

よく見たら筒の部分はお酒の瓶!底を切断して、木材と組み合わせて作られています。
ずいぶんたくさんありますが、江口さんはこの8月、仲間達と伊達市の「石蔵ミュージアム」にて、「あかり展」を開催します。

「自然木を10本くらい立てて、ランプを置いたり提げたりして。石蔵の中に展示します。
イメージは「田舎のあぜ道」。蛍も飛んでいるような夏の夜の雰囲気です。」_DSC3176

2017年8月15日からスタートする「わざの里山あかり展」では、江口さんが代表をつとめる手業の会「わざの里山」の作家たちがランプなど照明に関連した作品が展示します。
木工、陶芸、彫刻、ジェルキャンドルなど様々なジャンルの作品が一体となって石蔵を照らし出す幻想的なイベントになりそう!15622064_699189023577348_3188307991001962991_n 15621623_697725830390334_3362110630075552105_n

 ★上画像:昨年2016年12月、道の駅みたら室蘭で開催された「あかり展」の様子(提供:江口さん)

さて、江口さんの代表作品といえば・・・・10384200_430358860460367_5423954603058849731_n

オートバイや機関車など、木材で精巧に作られた車両です。地元の方なら、お店やイベントで見たことある方、多いのではないでしょうか。伊達の食工房「チロル」にも置かれていますね。もともとものづくりが好きで、17年ほど前から木工を始めたという江口さん_DSC3158弟さんに「プレゼントにしたいので小さいバイクを作って欲しい」と頼まれたのが木工を始めたきっかけなのだとか。
「それが見向きもされなくて、下手すぎて(笑)
よーしそれじゃ作ってやろうと思って、それが高じてだんだん。」
ちなみにご自身はバイクに乗る趣味はなく、免許も持っていないとのこと。もっぱら作るほうのようです。
そしてもっと大型な作品が・・・・
_DSC3136

せ、戦車!!
2台も?

「あ、こっち(上画像向かって左)は戦車じゃないですから。これはね、87年式の偵察車両。」
ハア・・・・ 😯 11419742_473989836097269_1497950564_n

倉庫から登場したのは、江口さん曰く「世界一平和な戦車」。
本物のような迫力ですが、もちろんすべて木で出来ていて、イベントに出展する度、大人気なのだそうです。
高さ約1.5m、長さ約3m、実物のおよそ3分の1サイズ。一台の制作に約4ヶ月、構想段階から数えると完成に1年!

実際に東千歳駐屯地へ何度も見に行って構造を研究したとのことで、作りも超本格的な大作です。子供の頃からつくることに加え、分解するのも好きだったと伺って、なんとなく納得した筆者。18033281_773593049470278_7961483333914879607_n

江口さんはニコニコして、子供達が乗って遊んでいる写真を見せてくださいました。
「戦車でもバイクでも、作ったら子供達に遊ばせるんです。
ショッピングモールや自衛隊のイベントなど、いろんなところに持っていくんだけど、出した以上、乗ってもらって。だからすぐ壊れるの(笑)
玉もちゃんと出るんですよ。乱暴な子もいるからいつもどこかが取れちゃったりするんだけど、こちらからは何にも言いません。
壊れても、子供達が喜んでくれるのが嬉しいんです。」11117522_436006316562288_1756522316_n
 一番大変苦労したのはキャタピラ作りだと言います。同じパーツを沢山作らなければなりませんが、その数、左右合わせて600個!11091224_432371326925787_1079232946_n

「友達からは、おかしくなった!?って言われてしまいました(笑)」
それにこのキャタピラ、本当に動くんです。間近で見ると本当によく出来ていてびっくりします
11129489_435674579928795_648656342_n次はどんなものを作りたいですか?と聞くと、
「まだヒミツですけど、今、もっとすごいの作ってるんですよ 😉 」
・・・気になりますねー。
江口さん渾身の木の車両たちは、8月20日(日)から最終日まで、「あかり展」と同時開催で石蔵に登場します。お子さんと一緒に出かけてみては。 13907098_626739384155646_425190907099848249_n

最後に江口さんから一言。
「どんな雰囲気になるのか私自身、とてもわくわくしています。
12日間という長期で会場を借りられることはなかなかないので、これまでやったことのないような面白い展示にしたいと思っています。
クラフト販売やワークショップ、日によっては食品の販売もあり、夏の終わりを存分に楽しめるイベントになると思いますので、どうぞ遊びにいらしてください。」15356761_688395367990047_6242866787722218219_n


わざの里山 あかり展

2017年8月15日(火)〜27日(日)
11:00〜22:00(最終日は17:00)
石蔵ミュージアム(伊達市山下町)

江口貞廣(木工)/後藤幸夫(木工)/寺島恵美(ジェルキャンドル)/成瀬千香子(ガラス)/手作り工房 楓(ちりめん細工)

<同時開催>

  • マルシェ
    期間中毎日開催
    木工工芸、陶芸、彫刻、絵画、ジェルキャンドル、ちりめん細工、革工芸、ガラス、羊毛フェルト、サンドアート 他

  • ウッドランドパーク伊達
    2017年8月20日(日)〜27日(日)
    観て触って乗って遊べる、江口さんの木の車が大集合!

  • みんなでつくろう!ワークショップ
    2017年8月26日(土)・27日(日)
    木のおもちゃ、木のボタン、とんぼ玉、樹脂粘土で小物 他

  • たたら製鉄 (室蘭登別たたらの会 )
    11825085_150252365309462_6284889742344955475_n-2
    2017年8月26日(土)
    ※午前中から行われますが、一番の見どころ、溶けた鉄を出す作業は18:30前後の予定。

  • 森マサミチサンドアートライブ
    20170730160103

    北海道で活躍するサンドアーティスト、森マサミチさんが今回伊達で初となるライブを行います!(入場無料)
    2017年8月27日(日)
    ①13:00~13:45/②15:00~15:45
    詳細はこちら(森さんのブログ)



木・舎 江口貞廣
わざの里山あかり展 問い合わせ
090-4872-9058


※記事の内容は取材時の情報に基づいています。
※作品画像は江口さんにお借りしました。
(取材2017年)  

 

chそらみ編集部

投稿者プロフィール

影の編集長と言われている。
あなたに地域の魅力的な情報をお届けします。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 成瀬 千香子
    • 2017年 8月 06日

    そらみ編集部様
    わざの里山 あかり展に参加するガラス作家の成瀬と申します
    私の名前が間違っていますので訂正して下さい
    私の名前は「成瀬 千香子」です
    千香子の香は賀ではありません
    よろしくお願いします

      • ch
      • 2017年 8月 06日

      成瀬様
      この度は大変失礼いたしました。
      訂正してお詫びいたします。
      そらみ編集部

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る